« 迷える戦士を救え? | トップページ | 塾長告白されるの巻 »

2014年3月10日 (月)

3月10日‘Sun’は太陽か?

Cimg6086


3月も半ばに差し掛かり、春の気配はどこへやら。

冷たい風が吹き付ける中、二人の生徒さんと複数の授業を勉強行っています。

数学から始まり、英語、国語、地理。

今日の授業紹介はその中の英語の時間。

塾長が開始前より張り切っていた(内緒)の内容です。

Sun は 太陽か、

Star は 星か。

授業の例文がこちら。

 Do you know that our sun is one of the stars?

  The word sun can mean star.

  We can say, Most suns are larger than ours.

  Our sun is the nearest star.

 

―The New Crown English Series 3年用 Teacher’s Manual/同生徒用自習書(三省堂)

 

これは実際に中学三年生の教科書に載っていた文章です。

単語は簡単なものばかりなので、是非訳してみてください。

載っていた教科書の訳文がこちら。

①私たちの太陽が“星”のひとつであることを知っていますか?

②太陽という語が星を意味する場合があります。

③ほとんどの“太陽”は私たちの“太陽”よりも大きいと言える場合があります。

④私たちの太陽は一番近い星です。

大体、このような訳文になると思います。

ただ、③の訳文だけはどうもしっくりこないのではないかと思います。

ほとんどの“太陽”は…?

実際、訳している最中に生徒さんが

「サンズ?」

「ほとんどの太陽?」

などとたくさんのクエスチョンマークを頭に浮かべながら頑張っていました。

それをニヤニヤと楽しそうに見ている塾長。

塾長はこの教材を使っていたのはなんと30年以上前…

うちの塾生達はまだ存在すらしていない…

(ついでに言えば私も生まれておりません…)

そんな以前から教育に対して熱い思いを持っていた塾長の見解がこちら。

星や太陽を単純に“星”として訳してしまうからややこしいことになる。

この文章においての“Sun”は太陽だけでなく、恒星を意味する単語にもなる。

つまり、この単語の訳を単なる“星”“太陽”としか教えない方に問題があるのだと。

③の英文をSunを太陽としてだけじゃなく、恒星の意味も含めると…

③ほとんどの“恒星”は私たちの“太陽”よりも大きいことが言える場合があります。

すっごくわかりやすくなりましたよね。

なんで教えてあげないんでしょう?

実は塾長はこの見解を某大学の某教授により紹介されています。

詳しくは長くなってしまうので省略しますが…

30年以上前から塾長は子供たちにわかりやすく、楽しく

そして何よりも熱く!勉強を教えているんだなと私は思いました。

この日、実は塾長はハムレットについても熱く語っていたのですが…

そのハムレットはまた次回の授業風景でご紹介致したいと思います。

きっと、とても楽しい内容になることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 迷える戦士を救え? | トップページ | 塾長告白されるの巻 »

授業風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204452/59271341

この記事へのトラックバック一覧です: 3月10日‘Sun’は太陽か?:

« 迷える戦士を救え? | トップページ | 塾長告白されるの巻 »